獨協医科大学病院総合診療科・総合診療教育センター

採用に関するQ&A FAQ

獨協総診のミッションはどのようなものでしょうか?

メンバーを代表して志水がお答えします。総合診療医は幅広い視野で医療を提供するスペシャリストではありますが、万能というわけではありません。医師の中には各臓器別の専門家として高い技能を磨きそれを現場で発揮する医師も多く、新しい医療の手法を開発する研究に全力を注ぐ医師もいます。それぞれがお互い尊重しあいながら協力して、その時点での最適な医療を一人一人の患者様に提供していく、それが専門分化の進んだ時代の医師・医療チームの役割だと思います。症候や現象から患者様の問題の核心にアプローチする総合診療というスペシャルティは、その技術で過不足の無い医療を提供するとともに、必要に応じ速やかに特定の専門医と連携して患者様にとって最善のアウトカムを目指す、というのが日常診療上の大方針です。これは獨協総診の臨床的上のミッションでも同一です。さらに、横断的な総合診療の持ち味を生かし、獨協を受診された患者様、また栃木エリアに必要とされる総合診療へのニーズに最大限貢献するということも、同様に臨床上のミッションと言えます。
獨協総診の教育上のミッションは、栃木、ひいては日本の総合診療の確立に寄与することはもちろん、プライマリ・ケアを担う優れた医師を大切に育てていく環境を維持・継続・発展させることにあります。チームを主宰する志水にとっては、ファミリーであるメンバーひとりひとりの成長と発展が最重要であり、最大の関心です。成長の過程では楽しいことばかりではなく、限界を設定しない能動的な学びの姿勢や、試練を自力で克服する努力も必要です。ときに超えるべき壁は高いかもしれませんが、その人の成長にいま何が必要か、教育熱心なスタッフら皆で一丸となって相互に助け合い、高めあう文化が獨協総診には息づいています。リーダーの志水自身も可能な限り臨床現場でダイレクトにレジデント・研修医らを指導します。メンバーそれぞれの予測成長曲線を濃厚な振り返りとともに上方修正して、最大限に伸びるようチームでサポートしていきます。
獨協総診の研究ミッションは”Diagnostic Medicine”と“Generalist Medicine”を冠した当科の英語名称の通り、診断戦略と総合診療学における獨協発、日本発のリアルとイノベーションを、論文、書籍、学会発表という具体的な形で世界に向けて発信し、より広範囲に医学界に貢献していくことです。とくに最大の特徴である診断戦略に基づいた診断思考プロセスの開発においては、新しい技術・アイディアを適切なタイミングで取り入れながら、柔軟に診断思考のイノベーションを生み出し、明日の患者様のケアに活きる実践的な診断モデルを構築することを目指しています。
ご縁があり、こうして獨協医科大学という素晴らしい臨床、教育、研究の場で未来にむけたチャレンジに取り組ませて頂いています。与えられたご縁を大切に自らのベストを尽くし、自分やチームを頼って集まってくれた仲間や、これから陸続と現れる夢あふれる後輩達が次世代のリーダーとして綺羅星のように成長する牙城を更に発展させるべく、日々活動しています。

列島クロスプロジェクトとは何ですか?

講演会や教育回診のご依頼などを通じてお知り合いになった病院や教育機関と定期的に教育連携を行う獨協総診の国内プロジェクトのことです。教育は単一施設内で完結しければならない、というルールはなく、必要に応じアウトソースすればよいと思います。獨協総診チームも、研修医らに「この先生の話を聞かせたい・診療の姿を見せたい」と思えば、臨床研修センターの協力のもと外部医師を当院に半日~1日間または定期的に招聘しています。このような中、全国の教育病院の指導医の先生方から当科のスタッフらに教育指導のご依頼を頂くことが多くなって参りました。(直接ホームページからご連絡を頂くか、学会会場やセミナーでお目にかかった際にお話を頂くことが多いです。)日本の総合診療の確立への貢献を目指す獨協総診としては「皆で協力して全国に教育文化を伝播する」という思いの下、週末を中心にメンバーへの教育講演・教育回診の出張を奨励しています。メンバーたちも、お呼びいただいた時にティーチングを実践できるよう、日々その技術を磨いています。ご好評いただくことが多く、単回のご依頼から発展して定期的に伺うことになった病院や大学も複数あります。このような教育連携のムーブメントが日本全国で行われるよう願いを込めて、列島横断教育ベルト、列島縦断教育SASH、という教育ネットワークの構築を私達チームはコンセプトとして掲げています。

(後期研修)到達目標は何ですか?

以下の項目になります:

  • 1. 総合診療科での1年半以上のローテートで、急性期・慢性期の内科全般のコモンな疾患・病態をほぼ網羅し、単独でそれに対処できるようになる
  • 2. 診断・マネジメント困難な症例に出会ったとき、わからない状況でどのように考え好悪どうするか、文献検索能力や人的ネットワークを駆使しつつ最適解を出していく、フレキシブルで堅牢な思考力・問題解決力を身に着けることができる
  • 3. 初期研修医・後期研修医らの臨床をスーパーバイズし、適切に要点を絞った教育ができるようになる
  • 4. 英語論文を抵抗なく読めるようになる
  • 5. 英文症例報告を自身で書くことができ、指導のもと国際誌に投稿できるようになる
  • 6. 総合内科専門医または総合診療専門医を習得できる
  • 7. (総合診療専門医コース)日本有数の家庭医療学教育施設で1年間、濃密な家庭医療学を学ぶことができる
  • 8. (総合内科専門医コース)総合内科に特化した1年間の武者修行で、市中病院セッティングでのさらなる濃厚な内科疾患の経験が積める
(後期研修)研修の最大の特徴は何ですか?

多面的で濃密な個別の振り返り、これに尽きます。研修はただ数をこなすだけでは成長の傾きは急峻にはなりません。そのためには質も大事です。その核をなすものが振り返りReflectionです。実際にやってみて、やりながら振り返り(Reflection in action)、それに基づき振り返り(Reflection on action)、さらに次の経験に向けてどのような課題設定をするか(Reflection for action)という3つの軸での振り返りを通して、テーラーメイドにあなたが「どうやったら最も伸びる」か、をいつも軌道修正しながら、最大限の成長をサポートします。そのためにはポジティブで能動的な学びの姿勢が必須ですが、それに獨協総診スタッフによる振り返りが合わされば、上記の到達目標に掲げたように、あなたはきっとこの後期研修の期間でロケットのように伸びるでしょう。

病院見学はできますか?

もちろん可能です。基本的に月~木の平日を見学可能日に設定していますが、すでにお問い合わせも多く、ご都合の良い日程とご案内できる日程とを相談の上、先着順に日時を決定させて頂いています。早めに埋まってしまうこともございますので、先のご予定でも適宜お問い合わせいただけますと助かります(また土曜・日曜・当直等の見学のご相談も適宜承っています)。ぜひお待ち申し上げます。

獨協総診に興味はありますが、大学病院で働く実際はどうですか?不安もあります。

獨協総診のメンバーのほとんどが大学病院での勤務経験がなかった、いわゆる全国各地の市中病院で訓練を受け、指導に携わってきたメンバーということもあり、「大学病院」で働くことに漠然とした不安がありました・・・が、それはメンバーにとって杞憂に終わりました。獨協医科大学という大学は特に臨床に重点を置いた大学病院であり、これまで市中で臨床中心の仕事をしてきたドクターには抵抗なく入ってくることができました。総合診療科において特に重要となる各科との横のコミュニケーションも非常にスムーズで、臨床医として仕事をする上でとても働きやすい環境というのはチームの皆が口を揃えるところです。
また、症例・経験のバラエティも豊富です。獨協医科大学病院で経験するケースは、いわゆる市中病院で経験するような急性期の疾患から、高度医療機関で経験するような専門症例、幾つもの病院や診療科を渡り歩いても解決に至らなかった超難解症例まで幅広く、学ぶ環境としては非常に恵まれていると感じます。また、シンチグラフィやPETなどの様々な高次の検査や、多くの専門科へのコンサルトを病院を跨がずにできることも、大規模病院の強みもあり…というわけで、良いことずくめです。また、総診内でも学閥はなく、獨協総診チームはほぼ全員が出身大学(研修を受けた病院も)がバラバラという点も多様性があり、面白いと思います。スタッフに至っては多くがチーフレジデントを経験しているということも、チームの指導・教育力やチームワークに良い影響を与えている印象です。

大学の医師になったら何かキャリア上の制約やしがらみはありますか?

特にないと思います。むしろ、高次機能病院として患者さんを完結して診ることができる安心感や、学生教育、論文出版、ご自身の学位取得のサポートなど、市中病院では実現しにくいことも可能と思います。むしろ、「ご自身の可能性が広がるチャンスに満ちた場所」という感じかも知れません。また、GENBUプログラムのように、将来的に地元などに戻り総合診療を立ち上げたい、一時総合診療を学んで専門診療をもとの施設でやりたい、などの短期トレーニングの場としても加入メンバーを募集していますので、フレキシブルに対応することができると思います。
このページをご覧になる方々はおそらく20代、30代という、仕事もプライベートも様々なことがある時期の方が多いと思います。お一人お一人がそれぞれの夢やキャリアプランをお持ちと思います。その夢の実現の過程で、各メンバーにとってよい訓練の場を柔軟に提供したいと考えていますし、そのようなメンバーが一緒に仲間としてチームを組めば、1+1=3のように、お互いが高めあっていける空気をつくっていけると感じています。獨協総診チームはそのような機運に満ちています。

採用試験はどのようなものでしょうか?

原則、面接試験になります。遠方からお越しの方も多く、見学と面接を兼ねることが多くありますが、ご見学の方のご希望に合わせることが可能です。レポート提出や学力試験は課しません。
採用の大前提となるのは、面接を受けられる先生ご自身の将来のゴールに獨協総診チームがどれだけ寄与できるか(獨協総診が役に立てるか)、逆に獨協総診チームとご希望の先生のキャリアプランの方向性がどれだけ近いか、です。一方、面接時点での臨床知識や思考力などの臨床スキルは重要ながら、これらは後天的なスキルであり最重要事項とは考えていません。それよりも重視しているものは、平静の心、ポジティブマインド、協調性、困難から逃げない態度、思いやり、レジリエンスなどの医師としての基本アセットです。

応募書類の規定はありますか?

お問い合わせいただいた際、個別にご連絡差し上げます。

寮はありますか?

応募制になりますが、単身者は最新の単身寮が敷地内にあります。とても!お洒落で綺麗です。

職員駐車場はありますか?

はい。広大な駐車場があります。

年末年始や夏季休暇はありますか?

あります。夏季休暇は5日取得をお願いしています。
年末年始は当番で休みを取っていただきます。

そのほかの休みなどありますか?

はい。それ以外でも、ご本人様やご家庭の事情による急なこともあるかと思います。ファミリー、ご家庭あっての仕事です。そのあたりは皆、助け合いですので、適宜フレキシブルに対応ができると思いますのでご相談下さい。また、スタッフレベル以降ですが、Academic dayと言って有給休暇を当てる形で自己投資のための日として外部の各研究会や勉強会などに当てていただき、各自のスキルアップを推奨しています。

一日はどんなスケジュールですか?

2017年度の日勤帯の全体のスケジュールを記載します(2017年4月):

  • 7時15分から8時まで診断戦略カンファレンス(症例検討:月、水~金)、
    最新ジャーナルアップデート+リサーチミーティング(火曜)
  • 8時~9時まで病棟回診(2チーム制、屋根瓦式)
  • 9時~外来と病棟業務(外来は新患・コンサルト・継続外来とウォークイン(急性期)外来)
  • 12:45~13:15 QIカンファレンス
  • 16時半~日々の振り返り(初期研修医・レジデント)
    その後、日によってベッドサイド教育回診、レジデント向けスペシャルレクチャー
  • 17時半頃 適宜解散

というスケジュールです。
土曜日は(第三土曜休み)7:45~8:15まで初期研修医対象「即戦力カンファレンス」を行います。土曜日は14時がオフィシャルの営業終了時間です。