スタッフ紹介 STAFF

獨協医科大学 総合診療医学・総合診療科 Professor:教授 志水太郎

PROFILE

2005年愛媛大学医学部卒業。江東病院、市立堺病院内科チーフレジデント修了。 数ヵ国での総合内科武者修行・教育活動とともに、2012年練馬光が丘病院総合診療科ホスピタリストディヴィジョンチーフ、2014年東京城東病院総合内科チーフとして2つの総合診療科の立ち上げを経て、2016年4月より獨協医科大学。2018年4月より獨協医科大学総合診療医学初代主任教授。著書『診断戦略』(医学書院)に代表される、診断思考大系の第一人者。また『愛され指導医になろうぜ』(日本医事新報社)や『MMF』(羊土社)の出版、『ドクターG』(NHK)の出演など、国内外で多くの後進のロールモデルとなっている。公衆衛生学修士(米エモリー大学)、経営学修士(豪ボンド大学)、医学博士。趣味は診断戦略とワインと映画。好きなスイーツは甘栗、ガトーショコラ、タルト・タタン。

INTERVIEW インタビュー

獨協総診は世界をリードする総合診療医の養成チームを目指しています。
総合診療の訓練には明確な到達指標がないだけに、
その設定はメンバーの成長を規定する上でとても重要です。

日本はもともと世界に誇る医療文化があります。
更に私たちには、高齢化社会を反映した様々な医学・社会的背景を持つ患者さんへの
広範で迅速な標準的ケアだけでなく、時に柔軟性のある斬新な発想を提供する能力も求められます。
このような現場の特徴を最大限に活かし力を合わせて、独自のデザインで
世界の医療文化の臨床・教育・研究におけるリーダーシップの一角を担い、
貢献していくことができると私たちは考えています。

若手医師がそれぞれのキャリアで頑張る中、
頑張るからこそ目の前に乗り越えるべき壁が立ち塞がると思います。
高い壁に絶望を感じるかもしれません。そのような困難な状況を志水やメンバーたちはよく理解します。
こんなとき志の近い仲間と切磋琢磨すれば、何倍ものスピードとタフネスで
抜群に鍛えられると思います。壁を乗り越えるアイディアも出るでしょう。
仲間の成長に貢献できることは、私たちチームにとっても大きな意味があります。

総合診療が健康的に力を発揮することは、専門科の先生方の業務体制やその組織本体の状況もあり
立ち上げから困難を伴うことが一般的です。
逆に、組織と構成メンバーの理解とバックアップの環境があれば、立ち上げの成功は十分に可能です。

獨協医科大学病院総合診療科は、大学側の「総合診療を本気で推進する」という強力な信念と
現場レベルでの各科先生方の現場でのバランス感覚の良さ、臨床の協力体制のスムーズさに支えられ
現在素晴らしい環境でのスタートを得られています(すでに各科とのカンファやコンサルトも密です)。
”日本版Dr. HOUSE”の進化版ともいうべきD3Mチーム(総診コンサル)の活動も
順調な滑り出しで、外来も良い感じで始まり、メンバーがストレスなく組織と業務に溶け込めています。

また、当科ではスタッフが生涯教育として自分たちを高めていくシステムを内部で開発・推奨しています。
日々の現場でのベッドサイド回診やリアルケースを重視したカンファレンスはもちろん、私たちが
”医学辺縁系”と呼ぶ医学以外の様々な訓練(リーダーシップやマネジメント、ネゴシエーション、
レジリエンスなど)も含めた、スタッフ、指導医、そしてリーダーとしての知識だけにとどまらない
思考力、行動力、総合力を鍛える機会に満ちています。

もちろん、立ち上がって間もないチームですのでこれから様々なことを決めていく必要がありますし、
課題も色々出てくると思います。どの職場もそうですが、楽しいことばかりではないかもしれません。
しかし、医療業界そのものともいえるようなこの不確実性を許容し、
起伏に満ちた冒険を「楽しいだろうな」と思った方は、その直観が大切だと思います。
ぜひ冒険の仲間に加わってきて下さい。心躍る経験と感動がきっと沢山待っています。

このような立ち上げの経験は一度きり、先にも後にもありません。今です。
この今を一緒に共有して、次のキャリアに向かって進んでいく仲間を私たちは求めています。

現在、南は沖縄から北は北海道まで、また重症管理から家庭医療まで幅広い
バックグラウンド・能力を持った新進気鋭の素晴らしい仲間たちがチームに集結しつつあります。
忙しいことはもちろんですが、スタッフルームには楽しさ、団結力、そして
新しいものを創造したいという、情熱ある仲間が集まっています。

最良の仕事をするうえで決定的な要素は仲間です。
優しさ、折れない魂、そして平静の心を持った
あなたの参加を心よりお待ちしています。

スタッフ:講師
原田 侑典 Yukinori Harada, MD

兵庫県明石市で育ち、2010年に東京医科歯科大学を卒業しました。初期・後期研修を長野中央病院で受けた後、ドイツのDeutsches Herzzentrum Münchenで臨床研究を学び、2016年10月より獨協医科大学病院総合診療科に所属しています。それぞれの人が望む暮らしや人生を送るために医療従事者はどのように関わることができるのかということを、総合診療を学びながら追求していきたいと考えています。読書、ドラマ・映画鑑賞が好きですが、最近は広い公園でのんびり過ごすことも好きになっています。

スタッフ:助教
廣澤 孝信 Takanobu Hirosawa, MD

出身は埼玉県、筑波大学編入後、2011年に卒業後は沖縄で沖縄県立中部病院を中心に5年間トレーニングを積ませていただきました。後期研修医時代には、内科チーフレジデントもさせていただきました。卒後5年目には、石垣島の県立八重山病院にて循環器内科を中心とした内科医として勤務させていただき、離島医療に従事させていただきました。病歴、身体所見やグラム染色の結果を基に臨床決断をしていく過程を研修医や医学生皆さんと学び、共有して、高め合っていければと思います。獨協医科大学は臨床を重視されており、またグラム染色の染色できる場所へのアクセスも非常によく、働きやすい環境であることを実感しております。趣味は読書です。今後共よろしくお願い申し上げます。

スタッフ:助教
勝倉 真一 Shinichi Katsukura, MD

栃木県出身、香川大学を卒業後は東京新宿メディカルセンターで初期研修を行い、現在に至ります。獨協総診では全国でも珍しく診断学の分野にとても力を入れており、総合診療科としてさらなる飛躍が期待できます。ともにがんばりましょう。

スタッフ:助教
鈴木 有大 Yudai Suzuki

『総合診療科1年目で不慣れがことが多いですが、『患者さんたちに求められたら、まずは診る』を意識した診療を心掛けます。ウェイ系。医療機関に依存しない研修・医療の質を向上する仕組みに興味があります。』

スタッフ:助教
大髙 由美 Yumi Otaka

秋田県能代市出身。2012年に弘前大学を卒業。その後、青森県の健生病院に8年間勤務しました。2020年4月より、人生初東北以外の場所へ移り、獨協医科大学病院総合診療科に所属しています。みなさんの人生の小さい歯車の1つになれるような医師を目指し、日々勉強していきたいと思います。どうぞよろしくお願いします。

スタッフ:助教
冨山 周作 Shusaku Tomiyama

鹿児島県出身、2011年に京都大学を卒業後は、湘南鎌倉総合病院、飯塚病院で医師としての基礎を学び、2021年度より獨協医科大学病院総合診療科に所属しています。病歴と身体所見を中心とした、質の高い医療を提供できるように頑張りたいと思います。よろしくお願いします。

スタッフ:助教
花井 翔悟 Shogo Hanai

愛知県出身。藤田保健衛生大学(現:藤田医科大学)卒業後、沖縄にある中頭病院で初期研修を行いました。その後は藤田医科大学 救急医学・総合内科学講座と感染症科で総合内科と感染症診療に従事してきました。更に診断学を深めたく、2021年より獨協医科大学総合診療科で勉強しております。皆様と一緒に勉強し、患者さんに還元できたらと思います。趣味は一人でお酒を飲むこと、神社参拝、からくり人形を操ることです。よろしくおねがいします。

スタッフ:助教
横瀬 允史 Masashi Yokose

出身は茨城県です。2016年に山形大学を卒業後、初期研修を自治医科大学附属病院で行い、後期研修から獨協医科大学総合診療科に所属しています。2020年度は獨協医科大学日光医療センターに出向し、循環器内科・腎臓内科のトレーニングを積んで3年間の総合内科プログラムを修了しました。この度スタッフに立場が変わり、医学生の教育など新しい課題に日々向き合っていますが、忙しい中でも日々の臨床・ひとりひとりの患者さんとの出会いを大切に働いていければと思います。

スタッフ:助教
水澤 桂 Kei Mizusawa

2013年に杏林大学を卒業。新潟県上越総合病院、糸魚川総合病院とで初期研修、そして後期研修医の立場として総合診療科の開設にかかわりました。2019年より当院勤務となります。ここまで本当に多くの人に支えられてきました。これまで学んできたものを還元しながらさらに多くのものを提供できるようにブラッシュアップしていきたいと思います。

スタッフ:助教
坂本 哲 Tetsu Sakamoto, MD

島根県出身、島根大学卒業後は松江赤十字病院で初期研修を行い、後期研修を獨協医科大学病院総合診療科でお世話になることにしました。内科医としての一般的な知識・技術を身につけるための環境が整っており、獨協総診の強みである診断学の勉強もでき、日々学びがあります。医師として、人として成長出来るよう今後も頑張っていきたいと思います。皆様よろしくお願い申し上げます。

Resident(レジデント):助教(専攻医)
川村 廉 Ren Kawamura

東京都出身。東京慈恵会医科大学卒業、初期研修終了後は母校の心臓外科に入局し外科研修を行なっておりましたが、幅広く医学を学び直したい思いから、本年度より獨協医科大学病院の総合診療科レジデントとして働いております。AIなどが台頭してくる時代だからこそ、身体診察や問診など、患者さんを診て寄り添える力が武器になると思います。獨協の環境の中で、そのための知識や技術を身に付けられるように励みます。プライベートではこの機会にゴルフを始めたいと思っています。

Resident(レジデント):助教(専攻医)
山里 一志 Kazushi Yamasato

今年度より入職させて頂いた山里一志です。昨年度まで富山県で総合診療専門プログラムに所属しておりましたが、そちらを修了した後、さらに総合内科領域について学ぶ必要性を感じ、獨協医科大学病院総合診療科で内科研修をさせて頂いております。今後とも何卒宜しくお願い致します。

Resident(レジデント):後期研修医
柿本 慎太郎 Shintaro Kakimoto

東京都出身、獨協医科大学病院で初期研修を行い2019年より当科に所属しております。獨協総診には全国各地からパッション溢れる先生方が集まっており、このような環境下で内科医としての臨床能力を高めたいという想いが強く応募しました。趣味は読書ですが、飲み会も大好きです。

Resident(レジデント):後期研修医
川本 駿 Shun Kawamoto

出身は愛媛県です。愛媛大学を卒業後、愛媛県立中央病院と愛媛大学で初期研修を行いました。2019年から獨協医科大学で後期研修を行っています。当科は幅広い症例を経験し、内科医としての基礎的な能力を身につけるのに適した環境と感じています。日々精進していきます。よろしくお願いします。

Resident(レジデント):後期研修医
松本 百奈美 Monami Matsumoto

埼玉県出身、2017年に千葉大学を卒業。天理よろづ相談所病院で初期研修を行い、2019年から獨協医科大学総合診療科にて後期研修を行っております。将来はリハビリテーションに強みを持った内科医を目指しております。内科力を身につけたいと思い、当院で研修を開始し、日々勉強の毎日で、沢山のことを吸収しております。趣味はかき氷を食べること、カフェ巡り、旅行です。よろしくお願いいたします。

Resident(レジデント):後期研修医
茂又 章徳 Akinori Momata

茨城出身。獨協医科大学を卒業後、茨城県の水戸協同病院で初期研修を行い2019年から獨協医科大学総合診療科で後期研修医としてお世話になっています。もともと家庭医志望であり、病院での研修のみならず診療所での研修も充実している当科のプログラムに惹かれ当科で研修することを決めました。趣味は野球観戦、ゴルフなど。休日に日本ハムファイターズの試合を観戦に行くのが楽しみです。よろしくお願い致します。

Resident(レジデント):後期研修医
相澤 有紀 Yuki Aizawa

栃木県出身。獨協医科大学病院で初期研修を過ごし、2020年から当院総合診療科で後期研修中。「全身を診られる医師になりたい」という目標に対し、臓器に縛られない総診は適っており、また、「どの世代の医師にも教育を」という熱心な教育体制にも魅力を感じました。内科医として臨床力を磨きつつ、栃木県の地域医療に貢献していけるよう邁進していきたいです。よろしくお願いいたします。

Resident(レジデント):後期研修医
伊藤 天大 Takahiro Ito

東京都出身で、2018年に日本大学医学部を卒業した後は、母校の大学病院で初期研修を修了。2020年から獨協医科大学総合診療科で、内科レジデントとして研修を開始致しました。私は将来的にはクリニック診療や家庭医療に従事したいと考えております。様々な疾患を扱う総合診療科で、正しい知識を早いうちから学ぶことが、夢への近道であると考えて入職を希望しました。優れた内科の指導医はもちろん、家庭医療や老年医療に精通した先生方が所属しておられ、毎日濃厚なフィードバックが受けられることが獨協総診の大きな魅力の一つです。趣味はドラマ鑑賞、飲み会、旅行です。よろしくお願い致します!

Resident(レジデント):後期研修医
國分 厚彦 Atsuhiko Kokubun

北海道出身。札幌医科大学卒業後、勤医協中央病院で初期研修を行いました。2019年から内科後期研修医として獨協医科大学総合診療科にてお世話になっております。志水教授を始めとする全国でも屈指の総合診療医の教えを賜ることができ、その下に優秀な研修医が集う、実力を磨くには最高の環境と感じ、当科で研修を行うことを決めました。趣味は一人旅、温泉めぐり、カラオケなど。三密にならない趣味を探しています。よろしくお願い申し上げます。

Resident(レジデント):後期研修医
長澤 賢一 Kenichi Nagasawa

静岡県出身、獨協医科大学病院で初期研修を終了後、2020年より獨協医科大学病院総合診療科で後期研修を行っています。
まずは内科疾患全般で初期対応をできるようになるために総合診療科での後期研修を選びました。各内科持ち回りの夜間救急外来を総合診療科が半分近く担当しているので、軽症から重症まで多くの症例を経験できることが獨協総診の強みだと思っています。診断学・症候学を武器に内科救急で活躍できることを目標に日々スキルアップに励んでいます。獨協総診はワークライフバランスが良く整っています。当直明けに入る温泉は格別です。宜しくお願いします。

Resident(レジデント):後期研修医
梁 美紗 Misa Yang

大阪府出身で、奈良県立医科大学卒業後は福井県立病院で初期研修を行い、後期研修から獨協医科大学病院総合診療科で働かせて頂いております。初診外来、病棟、救急外来を通してさまざまな疾患を学ぶことができる点、またベットサイドでの診療を重視しており身体診察についても学べる点に魅力を感じ獨協総診を選ばせていただきました。指導医の先生方からは日常診療や臨床推論について日々学ばせていただいております。栃木県は初めてですが、緑が豊かであり、これからたくさん魅力を知っていけたらと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

Resident(レジデント):後期研修医
中園 学 Manabu Nakazono

熊本県出身。東海大学卒業後は宇治徳洲会病院で初期研修医を行い、2021年より獨協医科大学総合診療科で後期研修を開始しました。地域医療に興味があり、将来は地方でのクリニック診療をしたいと考えています。外来、病棟では幅広い内科疾患を診る機会があり、また上級医の先生方から随時フィードバックを得られる獨協総合診療科はとても恵まれた環境だと感じています。初めての栃木なので、休日に散策してお店を探すことが最近の楽しみです。宜しくお願いします。

Resident(レジデント):後期研修医
蜂木 麻璃奈 Marina Hachiki

東京都で生まれ育ちました。5歳のときに母を救ってくださった医師に憧れて、まちのかかりつけ医を目指しました。2019年に大分大学を卒業し、獨協医科大学病院で初期研修を行いました。初期研修では、当院でCommonからRareまで様々な疾患を経験できることを実感しました。また、当科で素晴らしいスタッフ・レジデントの方々から病歴聴取・身体診察を含めた診断力および診断後のマネジメントに至るまで、充実のフィードバックを得られると知りました。家庭医として、様々な重症度の患者さんがどのような治療を受けてまた地域に帰ってくるかを知りたい。そのために病床数が多く、かつ充実の教育環境を備えた当科で専攻医研修することを選びました。将来は地域の小さな診療所で働くことを夢見て、今ここで一所懸命に学んでいます。趣味はおいしい紅茶を味わうこと、お花を眺めることです。

Resident(レジデント):後期研修医
林 有紗 Arisa Hayashi

新潟県出身。島根大学を卒業後、東京都にある河北総合病院で初期研修を行い、2021年度より獨協医科大学総合診療科で後期研修を開始しました。診断的思考力やフィジカルトレーニングなど、将来総合内科医として基礎となる力を身につけることができる、きちんとした教育体制が整っていることに魅力を感じ、当科での研修を選択しました。日々の病棟業務から救急外来から様々なところで、その都度フィードバックを受けられる環境はとても勉強になることばかりです。よろしくお願い致します。

Resident(レジデント):後期研修医
吉田 裕一 Yuichi Yoshida

群馬県出身。福島県立医科大学を卒業し、日高病院で初期研修を終了しました。2021年より獨協総診の総合診療プログラムにて研修を開始しております。総合診療を専攻にするに当たり指導体制が整っていないことがネックとなりがちですが、地元の近県で指導医の層が厚い獨協総診の存在を知り、お世話になることとしました。総合診療プログラムでは、外勤で訪問診療ができ、家庭医療と病院総合診療どちらの側面も勉強することが出来るため、とても充実しておりますが、知識不足で日々勉強の毎日です。総診の要素を幅広く学びたい皆さん、ぜひ一緒に勉強しましょう。

Locum:非常勤医師
榎原 剛 Tsuyoshi Enokihara, MD

2006年獨協医科大学を卒業、初期研修は室蘭市日鋼記念病院、後期研修、フェローを北海道家庭医療学センターで行い、現在は北海道家庭医療学センターで家庭医として働きながら獨協総診でも働いています。母校の総合診療医・家庭医の育成に少しでも貢献したいと思います。出勤日は圧倒的に少ないですが存在感は大きいです。趣味は食べる、食べる。総診メンバーとおいしいものを食べに行くのが獨協に来る目的でもあります。

Locum:非常勤医師
原田 拓 Taku Harada, MD

2015年に関東若手医師フェデレーションを設立、代表を務める。

2009年昭和大学を卒業、初期研修は自治医科大学病院、その後1年間昭和大学病院で内科後期研修で過ごしました。診断がつかず悩んだ症例への思いがあったのと,急性疾患への初期治療を学びたいと考え2012年に昭和大学病院総合診療科に所属。1-2次救急のER診療および短期入院管理をメインに携わってきました。医療以外のスキルやより診断学を学びたい気持ちから,志水先生のもとで勉強したいと思い再度栃木に足を踏み入れました。趣味は友情,努力,勝利で有名な漫画雑誌を読んだりドラマや映画を気ままにみています。

Alumnus:同窓生
池知 大輔 Daisuke Ikechi, MD

私は山口県に生まれ育ち、山口大学に進学後、山口県の徳山中央病院で初期研修を行いました。3年目から徳山中央病院救急科後期研修プログラムに在籍し現在国内留学中です。診断学の勉強をしたいと考え、全国各地のスーパードクターが集う獨協医科大学総合診療科に趣味があり、国内留学先として選びました。志水先生を始め、様々な先生から毎日ティーチングを頂き、充実した日々を送っております。趣味は飲みに行くことで、仕事が終わったら仲間と飲みに出ています。毎日充実した日々を送れる獨協医科大学総合診療科に来てよかったと思っています。

Alumnus:同窓生
椎木 麻姫子 Makiko Shiinoki, MD

山口・広島で生まれ育ち、2015年に北九州の産業医科大学を卒業しました。山口県の徳山中央病院で初期研修を終えて、志水先生のもとで研修したいという思いがあり、2017年から獨協医科大学の総合診療科で後期研修を開始しました。濃厚なフィードバックを得て自分自身が成長すると同時に、自分から後輩への教育にも活かしていきたいです。趣味はなぎなたで休日はショッピングや当直明けにエステに行ったりと楽しく過ごしています。

Alumnus:同窓生
任 理宏 Michihiro Nin, MD

大阪生まれの大阪育ち、灘高校卒業後、紆余曲折を経て2012年奈良県立医科大学を卒業、大阪の八尾徳洲会総合病院にて初期、後期研修を過ごしました。本当に尊敬できる、ロールモデルとなりうるたくさんの先生方の背中を見て、その背中を追いかけることで、頼りなかった私がここまで成長できました。内科レジデント時代には、救急・集中治療・一般病棟・化学療法・外来・訪問診療・離島医療含めて様々なフィールド・分野で素晴らしい経験を数多く積ませていただきました。本当に感謝しています。
次のステップとして、診断・治療困難症例に対して、どのようにアプローチしていくのか、よりアカデミックに自身の診療を洗練させるためこちらでお世話になることにしました。入職の一番の決め手は同世代の優秀なスタッフと、共に働き、共に高めあっていきたいと思ったことです。各科専門科が豊富な大学病院で立ち上がった総合診療科が、どう発展できうるのか興味があります。
慣れない栃木の地で不安もありますが、精一杯頑張っていきますので、ご指導・ご鞭撻のほどどうぞよろしくお願い申し上げます。

Alumnus:同窓生
寺田 教彦 Norihiko Terada, MD

昨年度途中から、週に1度、外来および病棟で研修中の筑波大学附属病院感染症科の寺田教彦です。水戸、大阪で総合診療を学び、現在は感染症分野の研鑽中ですが、引き続き総合診療のスキルアップもしてゆきたいと考えています。いつもBestをだすつもりで診療に臨みますので、今年もよろしくお願いします!

Alumnus:同窓生
高瀬 啓至 Hiroshi Takase, MD

2009年に東北大学医学部を卒業。その後8年間、仙台市立病院で主に救急医療に従事し、救急科専門医を頂戴しました。一方その中で、「特定の専門科」に振り分けられない病状を抱えた多くの方々の診療が、ほぼ我流で症候学・診断学を学んだ研修医・非救急専攻医の「時間外労働」によって支えられているのを目の当たりにしてきました。
自身の内科的な総合力・教育力を高め、仙台の現状に一石を投じたいと思い、2017年4月より獨協総診に単身赴任して勉強させて頂いています。趣味は、ビジネス書に時々啓発されること、妻とLINE、娘・息子と遊ぶことですが、仙台から獨協に戻ろうとするたびに子供達に泣かれてしまうことに、今一番悩んでいます(泣かれなくなっても寂しいかもしれませんが)。

Alumnus:同窓生
西信 俊宏 Toshihiro Nishinobu, MD

愛媛出身で、2013年に川崎医科大学を卒業後、香川県にある回生病院にて初期研修、救急後期研修をさせて頂きました。多くの方々と関わり診療をする中で、内科診療のさらなるトレーニングの必要性を感じ、2018年度より獨協医科大学総合診療科にお世話になる事にしました。自分に関わる人や地域へ少しでも貢献できる様に頑張りたいと思います。休日は家族と共に過ごす時間が何よりの楽しみです。よろしくお願い致します。

Alumnus:同窓生
本田 優希 Yuki Honda, MD

長野県出身。2013年に浜松医科大学を卒業。長野中央病院で初期研修、練馬光が丘病院総合診療科で後期研修を行い、総合診療科チーフレジデントも経験しました。2018年より当科に所属しており、診断学の勉強、症例報告や臨床研究といった学術活動、学生からレジデントまで幅広い層を対象とした教育などに積極的に取り組んでいきます。また、より大きな視点では病院で働く総合医の養成に携わっていきたいと考えています。趣味は旅行、スポーツ観戦です。

Alumnus:同窓生
森永 康平 Kohei Morinaga, MD

2011年筑波大学を卒業、初期・後期研修を諏訪中央病院で過ごしました。最後の年は化学療法・緩和ケアに携わっていましたが、こうやって総合診療科にいるのも不思議な気持ちです。ただ根底にあるGeneral Spiritは全く変わっていない(はずです)。恵まれた診療環境の中で、臨床推論、特にHistory takingの技術を高めていきたいと考えています。趣味は食事。毎年秋は新潟まで新米を仕入れに休暇を頂いています。

Alumnus:同窓生
澤近 弘 Hiroshi Sawachika

今年度から獨協総診にお世話になっております。スタッフの澤近と申します。
私は医者7年目であり、これまで岡山でリウマチ膠原病科医を行っておりました。ゆくゆくは愛媛県に戻って地域医療に携わりたいと思っており、兼ねてから内科全般のトレーニングをしたいと思っておりました。そこで志水先生が掲げておられる、スタッフレベルへの教育に強く惹かれて、ご縁があり今年からお世話になっております。ここにはバックグラウンドの異なる先生方がたくさんおられ、日々ディスカッションを行っています。ディスカッションの中で、フィードバックを受け、臨床力の向上を図っています。スタッフの先生方は熱心で、愛に溢れた先生方であり、日々充実したトレーニングを行えています。是非そんな熱心な先生方と一緒に、日々の業務や教育をこなしてみませんか?新しい先生方とお会いできるのを楽しみにしています。

Alumnus:同窓生
岩城 聡子 Satoko Iwaki, MD

2001年富山医科薬科大学医学部医学科卒業。群馬大学医学部第二内科入局。循環器内科として臨床に携わる傍ら、大学院に進学。大学院終了後は、内科外来および健康診断、産業医活動に従事。
当科は、多様な働き方への理解があり、女性医師が臨床スキルをブラッシュアップする貴重な機会を提供してくれます。経験豊富なスタッフの皆様と共に、アカデミックな雰囲気で仕事をさせていただいております。
趣味:旅行、人に良い食

Alumnus:同窓生
朝鳥 大介 Daisuke Asatori, MD

栃木県出身で、2016年に日本医科大学を卒業後はJR東京総合病院で初期研修を経て、後期研修から獨協医科大学総合診療科で働かせて頂いております。一般内科/救急外来、入院病棟などにおいて内科医として働く上で必要なことを身につけたいという思いがあり、質の高いフィードバックを毎日受けられる点が獨協総診で働きたいと思った1番の理由です。また、獨協総診では診断困難例のコンサルトを受けることも多く、問診・身体所見を大切にした臨床推論など自分だけでは学ぶことが難しい診断学を学べることも大きな魅力だと思います。趣味はテニス、ゴルフ、映画鑑賞、海外旅行です。よろしくお願い申し上げます。